清水町の初心者やお子様から大人まで学べる音楽教室(ピアノ・ソルフェージュ)[カンタービレ]へようこそ。

カンタービレは0から楽しく学べる教室です。

ホーム ピアノレッスン つながり ギャラリー プロフィール よくあるご質問 リンク お問合せ
読んで楽しい音楽辞典
カンタービレブログ
アクセスマップ
<予約制>平日/9時〜19時
音楽講師募集
カンタービレ
ピアノ教室&音楽教室
〒411-0916 静岡県
駿東郡清水町中徳倉23-3
TEL055-957-4566
カンタービレのカンちゃん
ホーム > 音楽用語辞典
音楽用語
音名
臨時記号
この印のついた音符は半音上げて演奏します。(すぐ右の鍵盤を弾きます)
この印のついた音符は半音下げて演奏します。(すぐ左の鍵盤を弾きます)
シャープやフラットのついた音符を元に戻して演奏します。
※臨時記号はその小節が終わるまで有効です。
楽譜のしくみ
ト音記号 高音域(高い音の方)を表す記号です。中央ハ(ド)音のすぐ上のト(G、ソ)の音の位置を表す記号です。ピアノでは普通右手が弾く(たまに両方の時もあります)ところです。
ヘ音記号 低音域(低い音の方)を表す記号です。へ(ファ)音を表す記号です。ピアノでは普通左手が弾くところです。
タイとスラー
タイ
同じ高さの2つの音をつなげます。後ろの音は弾きません。
スラー
音と音の間を切らずになめらかに演奏します。違う音さの2つ以上の音をなめらかに演奏します
音符と休符
※全音符/全休符は1小節の長さを表すこともあります。 
四分音符 1拍の長さの音符で、ピアノを弾く時「タン」と言ってます。
二分音符 2拍の長さの音符で、ピアノを弾く時「ターアン」と言ってます。
四分音符+四分音符=二分音符
全音符 4拍の長さの音符で、ピアノを弾く時「ターアーアーアン」と言ってます。
二分音符+二分音符=全音符
八分音符 四分音符の半分の長さの音符です。
十六分音符 八分音符の半分の長さです。(四分音符の4分の1の長さです)
付点二分音符 3拍の長さの音符です。音符の右横に付いている点は、その音符の半分の長さです。二分音符+四分音符=付点二分音符
付点四分音符 1拍半の長さの音符です。四分音符+八分音符=付点四分音符
四分休符 1拍お休みの記号です。「ウン」と言っています。
二分休符 2拍お休みの記号です。四分休符+四分休符=二分休符
強弱記号
速度記号
記号 読み方 意味
Largo ラルゴ 極めて遅いテンポ、堂々としたテンポ
Adagio アダージョ ゆっくりと静かに
Andante アダンテ 遅く適度にゆるやかな、歩くような速さ
Andantino アンダンティーノ やや遅くアンダンテよりも少し速い
Moderato モデラート 中位の速さで、ほどよい、控えめな
Allegretto アレグレット やや速く、やや快速な調子
Allegro アレグロ 速く陽気な、快活な
Presto プレスト 極めて速く
rit. リタルダント だんだん遅く
accel. アッチェレランド だんだん速く
a tempo ア・テンポ もとの速さに戻す
拍子記号
4分音符を1拍に数え、1小節に4分音符四つ分が入ります。
4分音符を1拍に数え、1小節に4分音符三つ分が入ります。(ワルツのリズム。1・2・3、1・2・3)
4分音符を1拍に数え、1小節に4分音符二つ分が入ります。
4分音符を1拍に数え、1小節に2分音符二つ分が入ります。
奏法の記号
記号 読み方 意味
スタッカート 音を短く切る
テヌート 音の長さを十分に保つ
グリッサンド 手(指)をすべらせて連続的に音を演奏する
オッターバ 1オクターブ高く演奏する
オッターバ・バッサ 1オクターブ低く演奏する
繰り返し記号
記号・読み方 意味 譜例 演奏順
リピート くり返す A→B→A→B
1カッコ、2カッコ からリピートした後1をとばして2カッコへいく A→B→A→C
ダ・カーポ、フィーネ 最初に戻る
D.C.またはD.S.で戻った後ここで終わる
A→B→C→
A→B
ダル・セーニョ、セーニョ D.S.からに戻る
(Fineで終わる)
A→B→C→
D→B→C
一番上へ戻る
清水町にあるピアノ&音楽教室「カンタービレ」